春の夜の夢 風の前の塵 興味の赴くまま気の向くまま生産性のない話をとりとめもなく綴るインドア系ブログ

FC2 managemented FC2 managemented
<<『トップキャスター』第10話の結城雅人に速水真澄を見る | 春の夜の夢 風の前の塵 | とりあえず『トップキャスター』第9話見ました。>>
コメント
こんばんは。仕事で珍しく午前午後と会議が入り、慣れない座りっぱなしは疲れました。気分を変えたくてちぃさんの記事や皆さんのコメントを読んで、リフレッシュしました。

パソコン画面の前で、「そのとおり!」とか「うふふふ」なんて笑っていたら家族に突っ込まれたときに説明できないので、平静を装って、書類片手に読んでいる状況です。
本当は思いっきり声上げたい。

あらためて読んでいて”え?!すごい”と思ったのは、9話の予告に対しての記事でちぃさんは「戦友みたいな関係」と書いていらっしゃいますが、10話でそういうせりふあるんですね。2人で付き合い始めた時の思い出話をしていて、春香「あれは恋人って言わないね」雅人「戦友?」春香「うん…戦友、かな」というようなやりとり。するどーい、ちぃさん。

その前の9話。携帯電話が鳴って、キスが幻に終わった時
春香「反省会、早く来いって。反省なんかぜんぜんしてないのにねえ、ふふ(無理な
笑い)」
雅人「…じゃあ、今日は…」
ここで家族と一緒に
「じゃあ、てなに?」「今日は、の後に何が言いたかったの?」と騒ぎました。それにしても雅人、微笑んで言うのが絵になるって人はそうはいませんね。
このドラマはあの贅沢な出演者でもっていたと思います。設定がいくらドラマとはいえ、?というもの多いし、ニュースで取り上げられた内容も今ひとつ。
でも時々はいい場面がありました。それもこの絵になる二人ならではです。携帯電話に邪魔されましたが、こんなにドキドキしたシーンは初めて。

あ、その後の「春香!」という呼び捨てですが、ダーツマンの話の時にもありました。あの、ちぃさんが「たまには」という言葉について語ってくださったあの場面の直前。

歩道橋を渡って行くのを見つけた雅人が車から降りて追いかけるんですが、怪しげな人物が春香の後をつけるのを見つけて「春香!!」と叫んで走り出すんです。

その直後に春香の横をダーツがかすめるんですが、雅人が犯人と出くわし、一瞬迷ったようですが、犯人を追わずに春香に向かって「バカヤロー!!!」と怒鳴って走ってくるんです。私はここできました~
「椿木君」と偉そうに呼んでいたのが「春香!!!」で冷静沈着な男が「バカヤロー!!!」ですよ。ものすごい取り乱し方。

長々と失礼しました。ではよい週末を。
[No.252] 2006-07-01 Sat 22:29 | URL | おりん #-[ 内容変更] | top↑
to おりんさん

感情の赴くままのアホみたいに長い感想でも、おりんさんのリフレッシュに一役買っていると聞けて嬉しい限りです。私は毎日PCに向かって座りっぱなしの仕事なので、たまに立ち作業や力作業をするとすぐに足がだるくなってしまいます。普段いかに体を動かしてないか、ということだと思いますが。。お互い慣れない事をすると疲れるもんですね。

「戦友みたいな関係」って言っちゃってましたね、ドラマでも(笑)。
まぁ、過去の二人の関係を詳しく想像していた訳ではないのですが、あのまま二人がラストでゴールインしない場合でも、せめて報道という仕事に携わってお互い仕事に誇りを持って時にぶつかり合い時に協力し合って仕事をしていく二人であって欲しいなと思い、それって単なる同僚というより戦友みたいな特別な関係だよな…と思って書いたんですよね。友達以上恋人未満で単なる甘い関係ではないけどいつも傍にいて離れられない二人…みたいな関係を思って。きっと過去付き合っていた頃の二人も、とても素直な恋人同士とは思えなくて毎日(痴話)喧嘩を繰り返しているような二人が想像できたし、仕事では妥協しない二人だったろうから…と思うと、自然と「戦友」という関係を思い浮かんだ、というところでしょうか。
大人のじれったい恋模様(笑)というのはやっぱり萌えどころだな~と思います。柵(しがらみ)が多すぎたり過去の傷があったりして色んな一歩が踏み出せないのが大人の恋で。若い恋とは違うドキドキぶりがありますよね!
それにしても、おりんさんが言う通り、谷原君は微笑んでいるのが絵になると思います。やっぱり身長もあって全体的に絵になる役者だからだろうな~。

そーいえば、確かにダーツマンの回で駆け寄る際に「春香!!!!」って叫んでいたような記憶が…。あの回は既に録画が無くなってしまっているので振り返れないのが残念なところですが。
でも、ホント。「春香!!」の呼び捨てと駆け寄るのと体や顔を触りながら本当に心配でいっぱな顔して「たまには…」って言うところがあるからあのシーンが超萌えるところなんですよね。冷静沈着を装っている男が取り乱す姿を見て、ものっすごい胸を鷲掴みにされた感覚でした、あの時は(笑)。ええ、あそこでいきなり恋に落ちましたもの。あれがなければ『トップキャスター』見てません。

7月から何を楽しみにしましょうね…(苦笑)。
とりあえず、私は日テレの谷原君の新作ドラマ(観月ありさ主演)を見てみようとは思っています。
[No.258] 2006-07-03 Mon 18:53 | URL | ちィ #qbIq4rIg[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 春の夜の夢 風の前の塵 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。