春の夜の夢 風の前の塵 興味の赴くまま気の向くまま生産性のない話をとりとめもなく綴るインドア系ブログ

FC2 managemented FC2 managemented
<<雪の中『Mr.&Mrs.スミス』を滑り込み鑑賞 | 春の夜の夢 風の前の塵 | 謎の検索ヒット>>
コメント
ちィさん、ごぶさたです。・・と言っても結構私マメに来てるんですよ♪
ほほ、うれしいエントリです>『氷壁』
もう全くと言っていいくらい日本のドラマは見る気がなくなってるんだけど、これにはそそられました。なんかね、骨太そうなのが見たいんですよ、日本のだったら。原作は読んでないのですが、ドラマを見てから読むのもいいかなと思ってます。玉木宏も山本太郎も”普通に好き”くらいなんだけど、今の芸能界ってこのへんの年齢層が薄いと思うんですよねぇ。それが私のドラマ離れの原因の一つなんだけど。
さて、鶴田真由は魔性の女の役なんですか?1話を見た限りでは72点くらいかなぁ。悪くはないかな・・くらい(えらそ~)。
今後の絡み方が楽しみではあります。

『小早川伸木の恋』(見てない)よりは『輪舞曲』(途中で寝た)かなぁ。なぜかそそられ方が低いです^^;
『氷壁』の記事にはまた伺うと思うのでよろしくm(__)m
[No.177] 2006-01-18 Wed 01:49 | URL | みくり #WJM9.C0.[ 内容変更] | top↑
ちィさん、恐れていた事が・・・
石橋凌氏が言っちゃいました「警察内部にモグラがいる」って(苦笑)

こんばんは、慌ててきちゃいました(^^;)
どうやら「まんまインファナル」でいくような気配を感じる第二話の展開ですが、いいのかなぁ~。まあどんなドラマ(映画)も多少なりとも過去の作品の影響を受けていないとはいえませんが・・・
ただ、どうしても納得いかないのがシュウは潜入捜査官なのに韓国語がしゃべれないこと(苦笑)しゃべれなきゃ仕事できないと思うんですけどね、根本的に。

映像も相変わらず凝った創りで、時々ノイズが走る映像の時は「ウチのTV壊れた?」と思ってしまうのが欠点ですが(TV古いもんで ^^;)この調子だと次回も見てしまうと思います。
さて、モグラ誰でしょう・・・
[No.178] 2006-01-23 Mon 00:00 | URL | sera #-[ 内容変更] | top↑
to みくりさん
お久しぶりです!今年の冬は寒く風邪やインフルエンザも流行っているようですが、お元気ですか?

もはや忙しさに負けて韓国、日本を問わずドラマに対する思い入れが落ちまくっている昨今ですが、やはりNHKの「骨太そうなドラマ」は興味がそそられますね。どうせ視聴料とってるんだからNHKには、視聴率は二の次で、とにかく民放には出来ないような骨太で質のいいドラマを望みます。民放と一緒になって視聴率争いに参戦するようなことはしなくていいと思うんですよ。視聴率は後からついてくる、良いドラマを作ったら結果は出る、みたいなスタンスで世の中に迎合しないで信じるものを作るべきだと心から思います。最近の大河ドラマはどうも若者ウケすることを狙ったような作りが気に入らない。。
そういう意味で、記事にも書きましたが、去年のうちに放送された佐藤浩市主演の『クライマーズ・ハイ』もNHKが力を入れているようで、すごく気になるドラマでした。見れなくて残念(佐藤浩市好きなんで…)。

確かに、30前くらいの男性陣は弱いかもしれませんねー(太郎ちゃんは30超えてるけど)。右を向いても左を向いてもジャニーズ、って感じで(苦笑)。良くも悪くもキムタク(まぁ、彼もジャニーズではありますが)や織田君みたいに若い頃から主役を張っていた役者がそのまま人気も役も持ったまま年をとっていってる、って感じはある気がします(唐沢寿明なんかも似たようなもんかな)。若手の俳優に役が落ちてこない…。太郎もダンス選手権から出てきたのに最近はホントいい役者になったな~と思うのですが(偉そう)、いかんせん主役俳優ではないですしね(私的には彼に主役をやってもらいたいものですが)。

『小早川伸木の恋』は新聞で唐沢寿明の演技がひどく褒められていたようです。とても財前五郎と同じ外科医には見えない、と(笑)。確かにこの間、第2話のラスト10分くらいを見ることができたんですけど、ホント気弱で凡庸そうで…でもやっぱり医師の格好をしているのを見ると財前五郎が懐かしく、また『巨塔』が見たくなってしまう私なのでした。
[No.182] 2006-01-23 Mon 22:34 | URL | ちィ #qbIq4rIg[ 内容変更] | top↑
to seraさん
実は、初回の時から薄々勘付いてはいたのですが、それでも希望的観測を含めて「警察側にはモグラはいない」と思っていたんですけどねー。そこまで『インファナル・アフェア』の設定パクるのはナシだろー、と。
私も石橋凌のセリフを聞いた瞬間にソッコー、seraさんところに乗り込んで書き込みしようかと思いましたよ(笑)!ま、思いとどまってエントリ上げることの方を優先させたんですけど…。
まぁ、あえて(無理矢理?)違いを探すとすれば、『インファナル~』はラウとヤンのW主演だった訳で、どちらもにエピソードが用意されてしっかり描きこまれる訳ですが、『輪舞曲』の場合は間違いなく警察側に潜り込んでるヤツは脇役!というところでしょうか(苦笑)。警察側に潜入している人間がいつまでも分からない展開になると、『逃亡者』(江口洋介主演)のときのような右を向いても左を向いても怪しい人間ばかり…みたいな展開にもなりそうで、またまた大丈夫かー?という感じもしないではないですが。他にも、『逃亡者』のときと警察内部の暗さ(物理的な暗さです)とか描かれ方が似てる気がするんですよね…

ショウの語学力については、潜入捜査官としての能力的には怪しいものですが、ただ、あくまで「神狗」は日本の組織らしいので(その影響力はアジア全域?とかで、中でも韓国との関わりが強い感じではありますが)、組織に入ること自体においては韓国語はいらないんだろうな、と思ってあまり気にしてないです(苦笑)。確かに、韓国語、分かった方が絶対に潜入捜査官としての働きはいいと思いますけどねー。
[No.183] 2006-01-24 Tue 22:22 | URL | ちィ #qbIq4rIg[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 春の夜の夢 風の前の塵 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。